衆議院第一議員会館で空き家についてプレゼン

18719 18721

一般社団法人モノコミュ研究所 理事の魚林です。

3月16日14時~15時
東京の衆議院第一議員会館 関議員事務所にて
一般社団法人モノコミュ研究所理事・株式会社整理収納教育士 代表として、
関先生、国土交通省のお二方と空き家の現状についてお話させて頂きました。

18718
関先生にはこれまでに数回、空き家対策について相談に乗って頂いており、
今回、関先生からお声掛けいただき衆議院第一議員会館にて打ち合わせの運びとなりました。

18717

その場でプレゼンのリクエストを頂き活動内容についてメンバーと共に発表させて頂きました。
プレゼン内容は
現状:空き家と空き家予備軍・モノコミュ研究所の活動
対応:モノと作業の流れ
残すモノとモノの手放し方。(リユース・リサイクル・人形などの手放しにくいモノの供養など)
更に良質な空き家の対応についても提案させて頂きました。
そして、空き家が余っていること、待機児童問題と新保育法案のこと、保育事業、株式会社整理収納教育士など、様々な空き家を取り巻く現状や教育についてもご清聴頂きました。

3人の先生達は、様々な行政の管轄下の奥深さに興味をお持ちくださったようで、私共も空き家を通じて有り難い時間を過ごさせて頂きました。

18714

今後もモノコミュ研究所はモノと暮らしについて考え、空き家と向き合って参ります。

 

Posted in 未分類.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です